痩せない原因

ジムに通っても痩せない原因8選!何となく通っている方は注意

ジムに通っても痩せない原因8選!何となく通っている方は注意

 

ジムに通っているのに痩せないと悩んでいる人はいませんか?痩せない人は、明確な目的に向かって努力をしていない可能性が高いです。ジムへ通うだけで痩せると信じ、何となく通っている方は注意をしましょう。「ジム通い=ダイエットの成功=ゴール」ではありません

 

お金を出してジムに行く目的は「モテたい」「健康のため」など、人によって異なります。まずは理想の自分を想像しましょう。想像した自分にたどり着くのがゴールです。何となくジムに通っているだけの人では、目的の達成はできません。質を向上させるなど、いろいろな努力が必要です。

 

そこで今回は「ジムに通っても痩せない原因8選」を解説します。何となく通っている方は注意をしましょう。お金の無駄遣いをしているかもしれません。

 

有酸素運動を続けても全然痩せない人の対策9選
有酸素運動を続けても全然痩せない人の対策9選

  マラソンやウォーキングを毎日しているのに全然痩せないと悩んでいる人はいませんか?残念ながら有酸素運動だけでは痩せません。マラソンを毎日すると痩せそうなイメージを持てますが勘違いです。中に ...

続きを見る

 

ジムに通っても痩せない原因8選

 

「ジムに通っても痩せない原因8選」は次のとおりです。

  1. トレーニング内容の効果をわかっていない
  2. トレーニングが足りない
  3. トレーニング方法を間違えている
  4. ダイエットのため食べずにジムへ通っている
  5. ジムに通うペースを間違えている
  6. トレーニング時間が短い
  7. ジムに通ったことで食事量も増えた
  8. 短期間で痩せようとしている

 

詳しく解説をします。

 

原因①トレーニング内容の効果をわかっていない

 

ジムに通っても痩せない人は、トレーニング効果を知らずに行っているかもしれません。次のような状況でトレーニングをしている人はいませんか。

 

  • ただ何となくランニングマシンで走っている
  • 水泳が良いと聞いたからとにかく泳いでいる
  • 気が向いたときにダンベルを持ちあげる

 

ジムは筋肉を鍛えることが主な目的です。筋肉を鍛えることで「ダイエット」や「健康的な体」を目指します。ダイエットには筋肉が必要です。

 

しかし目的を見据えずに何となく通っている方がいます。カロリーを消費するために、ひたすら走ってもダイエットに必要な筋肉はつきません。ダイエットには水泳が良いという話を聞いてひたすら泳ぐ人もいますが、トレーニング量を間違える人がいます。いきなり水泳から始めると、体力を異常なほど消耗しジムから出た後の空腹感に耐えられないかもしれません。ジムの帰り外食をすれば、トレーニングの効果も半減です。

 

ジムで行う運動は次の2つに分類されます。

  • 有酸素運動:心肺機能を強くし脂肪を燃焼
  • 無酸素運動:筋肉を増やすことで基礎代謝が向上し太りにくい体質にする

 

何となくランニングマシンで有酸素運動だけを続けても、脂肪を燃焼しているだけです。過度な有酸素運動を行うと筋肉までも燃焼します。筋肉が減少するのは痩せない原因のひとつです。
ならば無酸素運動だけを続ければ良いのか思われるかもしれませんが、それも間違っています。無酸素運動と有酸素運動を効率よく組み合わせることで相乗効果が得られるのです。

 

ダイエットに良いとされるトレーニングは多々あります。「ダイエットに良いと聞いたから何となくやっている」のではなく、効果を知りながら行いましょう。ランニングマシンで走っているだけでは、例え痩せたとしても太りやすい体質になっているかもしれません。

 

原因②トレーニングが足りない

 

ジムに通っても痩せない人は、トレーニングが足りていない可能性があります。何となくジムに通っている方は、ある程度で運動を止めてしまいがちです。

 

中には友達との談笑がメインで運動はおまけみたいな人もいます。ジムへ通う目的が健康増進ならば、それでも多少は効果があるかもしれません。しかしダイエットが目的の運動で談笑の余裕がある状況は足りないと言わざるを得ません。

 

ジムにいるだけで痩せると勘違いをしている人が痩せるのは難しいです。せっかくジムに行くのですから、効果がでるトレーニング量をこなしましょう。

 

原因③トレーニング方法を間違えている

 

ジムに通っても痩せない人は、トレーニング方法を間違えているかもしれません。運動の質が悪いと効果が薄れます。特に、自治体が運営をしている公営ジムに通っている方は注意が必要です。インストラクターがいない施設が多く、トレーニング状況が確認されません。間違ったトレーニング方法でも指摘されないのが問題です。

 

  • 姿勢が悪いとケガをする
  • 的確な運動回数と姿勢でないため負荷が足りない
  • 運動する順番を間違いえている

 

筋トレをするときは、鍛える筋肉への意識が必要です。目的の筋肉へしっかりと刺激が伝わっているかを感じ取ります。姿勢が悪いと上手に伝わりません。正しい姿勢で行われているかの確認をする人がいない場合は、確かに効いているかを自分で感じとりましょう。負荷が感じられなければ間違っています。

 

また、より高い効果を求めるのならば運動をする順番も重要です。

  1. ストレッチなど準備運動
  2. 無酸素運動(筋トレ)
  3. 有酸素運動(ランニングマシン)
  4. クールダウンを目的としたストレッチ

 

有酸素運動は、無酸素運動の後に行うと効果的です。無酸素運動をするときは、大きい筋肉から鍛えると効率がアップします。「太もも」「お尻」「背中」などから鍛えていきましょう。

 

無酸素運動を始めると成長ホルモンが分泌され、体脂肪が分解されやすくなります。分解されやすい状況で有酸素運動を行うと、脂肪が燃焼しやすくなるのです。ただし有酸素運動を行うときは、走るスピードに注意をしましょう。早すぎると無酸素運動になります。効率の良い脂肪燃焼を求めるのならば、ジョギング程度のスピードで十分です。

 

公営ジムは費用が抑えられるメリットを持っていますが、自分でトレーニング内容を確認しなければいけません。姿勢と運動の順番をあらかじめ確認しておきましょう。何となく公営ジムに通っている方は注意が必要です。

 

原因④ダイエットのため食べずにジムへ通っている

 

ジムに通っても痩せない人は、過度な食事制限をしている可能性が高いです。食事制限を行えば一気に体重が落ちますが、ずっと食べないわけにはいきません。食事をせず運動をすると、脂肪と一緒に筋肉も減少します。筋肉が落ちると基礎代謝が弱まるので太りやすい体質になるのです。食べずにダイエットを行うのは「百害あって一利なし」ということを忘れてはいけません。

 

 

  • 運動中に倒れる危険性がある
  • 栄養が足りず運動をすると生命にも危険が及ぶ
  • 拒食症や過食症の発症原因

 

「でもボクサーは食事制限をしながらトレーニングをしている」と考える人もいるかもしれませんが、プロのトレーナーの指示で行っています。有名な断食道場も、プロが監修をすることで安全が確保されているのです。素人が「痩せるから」と言う理由だけで始めてはいけません。

 

ダイエット中でも食事はしっかりとりましょう。大切なのはダイエットに効果がある質の良い食事です。栄養をバランスよく取り、ゆっくりと食べることを意識した1日3回の食事をします。消費カロリーよりも摂取カロリーが多くならないよう注意をすれば問題ありません。

 

栄養バランスを考えて食事をすることで、より効果的に筋肉が鍛えられます。キレイに痩せたい人は、ジム前の食事をしっかりととりましょう。

 

食べないダイエットは痩せない?断食ダイエットのための対策10選
食べないダイエットは痩せない?断食ダイエットのための対策10選

  食べたい物を一生懸命我慢しているのにダイエットで痩せないと悩んでいる人はいませんか?残念ですか頑張りどころを間違えています。「食べない=痩せる」は勘違いです。   もちろん一時 ...

続きを見る

 

原因⑤ジムに通うペースを間違えている

 

ジムに通っても痩せない人は、ジムに通うペースを間違えているかもしれません。何となく通っている方がよくする勘違いです。

 

ジムに毎日通い詰めている人はいませんか。毎日運動すればダイエットの効果が早く表れると考えるのは間違いです。筋肉には休息が必要、筋トレでダメージを受けたあとに回復をすることで成長します。休めずに筋肉をいじめると、より強く成長をする前にまた傷つけるだけ、いつまで経っても大きくなりません。1日から2日程度の休息が必要です。

 

もし毎日通うのならば、鍛える筋肉を曜日ごとに変えましょう。「腕」「下半身」「上半身」のサイクルで6日間鍛えます。7日目は休息日にすれば、部位ごとに1日から2日程度の休息が得らえる方法です。

 

また、仕事が忙しいからと言って1週間に1度だけ集中してジムに通う人も間違っています。仕事が休みの日だけ、みっちりと3時間のトレーニングをしても良い効果は期待できません。ジムに通った日は摂取カロリーを消費カロリーが上回るかもしれませんが、他の日は余ったカロリーが脂肪として体内に残ります。1週間分の運動を1日で賄うことはできません。

 

ジムに1日しか通えない人は、自宅で運動をしましょう。簡単な筋トレは自宅でも十分にできます。有酸素運動も一駅多く歩く方法や自転車で通勤をするなど、やろうと思えば普段の生活に盛り込むことも可能です。

 

ダイエット中はまとめて運動をしようと考えず、少なくとも週に3日は通いましょう。無理な人は自宅で運動を続けることが必要です。

 

原因⑥トレーニング時間が短い

 

ジムに通っても痩せない人は、トレーニングの時間が短くないか確認をしましょう。脂肪が燃焼を始める前にジムを終えている可能性があります。

 

  1. 着替え
  2. ストレッチなどのウォーミングアップ
  3. 無酸素運動
  4. 有酸素運動
  5. クールダウン
  6. シャワーと着替え

 

ジムに居られる時間が1時間しかない人は、上記の工程をすべてこなせるでしょうか。着替えで10分、ウォーミングアップに15分、クールダウンに10分、シャワーと着替えに15分とします。おおざっぱな時間配分ですが、メインの運動以外の時間が40分は必要です。無酸素運動や有酸素運動はインターバルも含め1時間30分程度の時間が必要、ジムに滞在できる十分な時間を確保しなければいけません。ジョギングは、20分以上でようやく脂肪が燃焼を始めます。10分程度では効果が期待できません。

 

日々の仕事が忙しく1時間程度しか割けない人は、ジムに通っても痩せない可能性が高いです。小さい子どものいる家庭を持つ人が例え週3日だけでも通いたいと望んでも、ジムに通う時間を確保するには家族の同意が必要になります。結果、継続できない人もいるようです。

 

トレーニング時間が短いとジムに通ってもなかなか痩せません。自分のライフスタイルに合ったダイエット方法を選択しましょう。

 

原因⑦ジムに通ったことで食事量も増えた

 

ジムに通っても痩せない人は、食事量を意識していないかもしれません。ジムに通うとお腹が空きます。「運動をしたし、ちょっとはいいでしょ」という軽い気持ちで間食をする人はジムに通っても痩せません

 

ジムに通うことで夕食が遅くなるのも問題です。仕事の後にジムへ通う人は、20時頃に運動が終わります。その後家に帰って食事をとると食べ終わるのは21時を過ぎるかもしれません。理想は睡眠の3時間前までに夕食を終わらせるのがベストです。時間配分が難しくなります。

 

また1日3回の食事でバランスよく栄養を摂るのがダイエットの理想ですが、夜遅くジムに通う人の中には、「難しい」と話す人もいました。カロリーは、朝食と昼食で多めに取るのが理想です。しかしジムで疲れた体がカロリーを欲求します。せっかくのカロリー計算も、欲求に負けたら意味がありません。夕食におかわりをして食事量を増やすのです。

 

食事量をコントロールできない人はジムに通っても痩せません。食事量が我慢できない人は、自分の理想像のイメージが足りていない可能性が高いです。目指す体形をイメージし、絶対に達成するという目標を持ちましょう。体重だけを気にしてダイエットを続けると誘惑に負けるかもしれません。

 

原因⑧短期間で痩せようとしている

 

ジムに通っても痩せない人は、短期間で痩せようとしていませんか?ジムに通いだせばすぐに痩せると勘違いをしている人もいますがそれは間違いです。食事を考えてジムに通えば体重はある程度すぐに落ちますが、しばらくすると停滞期に入ります。見た目もさほど変わりません。

 

ジムに通いだして効果が表れ始めるのは、適切な運動をしている人でも1カ月はかかります。最低でも週に3回のペースでジムに通い、1時間30分程度の有酸素運動と無酸素運動をした人です。

 

ジムに通えば短期間で痩せられると信じていたが、なかなか結果が出ないことでジムに向かう足が重くなります。「本当に痩せられるのか?」という思いがダイエットの妨げになるのです。

 

短期間でキレイに痩せることはできません。ジムはしっかりと通い続けることで効果が表れます。焦ってはいけません。

 

まとめ

 

ジムに通っても痩せない原因8選!を解説しました。何となく通っている方は、ジムに支払うお金をどぶに捨てています。次の点に注意して効率良くジムを利用しましょう。

 

ココに注意

  • 公営ジムに通う場合は運動方法を勉強する
  • 適切な食事量にしなければ効果は期待できない
  • 本当にジムへ通う時間が確保できるかしっかりと検討する

 

運動とバランスの良い食事は、キレイに痩せられます。リバウンドのしにくい体質になり見える景色も変わるかもしれません。ただ「つらい」と思うと長続きはしません。理想の自分を思い描きながら楽しむことが大切です。

-痩せない原因

© 2022 痩せない.jp